レーザー脱毛はここが凄い!自己処理とサロン脱毛との比較

レーザー脱毛の基礎知識

現在美容整形外科や形成外科、皮膚科等の医療機関でムダ毛処理で主流となるレーザー脱毛は、強力な医療用レーザーを用いて施術が行われています。その為、これを搭載するマシーンは高度管理医療機器に指定されており、医師の管理下のみで扱うことができるものである為、医療機関のみが行える独特の脱毛法となっています。また、レーザー脱毛は1990年代中盤頃に登場して以来、その需要に伴い開発や改良が年々進んでおり、現在では肌への負担を軽減して、より安全で効果的な処理を実現しています。

自己処理と比較した場合

レーザー脱毛の凄さは、自己処理と比較した場合、ムダ毛の根本から解消が図れ、ある程度の持続性があることが挙げられます。そこで、まず根本からと云う点は、そのメカニズムに於いて肌の上から照射するだけで、ムダ毛を生やす元である毛根の毛孟母細胞やその周辺細胞にエネルギーを吸収させ、熱によりこれら細胞を破壊できる性質があります。その為、毛周期に合わせて効率的に照射を行うことで、ムダ毛の大元から再生を抑制し、次第に減毛することが可能です。そして、毛根の細胞を破壊する為、ある程度の持続性も有しています。

サロン脱毛と比較した場合

レーザー脱毛をエステや脱毛専門などのサロン脱毛と比較した場合の凄さは、特に施術の確実性による効果の高さが挙げられます。そこで、サロン脱毛では現在クリプトンライトやキセノンライトなどレーザーよりも穏やかな光を用いた光脱毛が主流となっており、基本的な脱毛のメカニズムはレーザー脱毛と同様です。もっとも、光の威力が穏やかである為、毛根の細胞にダメージは与えることが出来ても、レーザーの様に破壊することはできません。その為、同じ光を用いた脱毛方法でも、レーザー脱毛の方が毛周期に合わせて繰り返される照射毎の処理の確実性が高く、サロン脱毛よりも照射回数を少なくして目標とする脱毛レベルに仕上げることができます。

レーザー脱毛の魅力は威力の強さから永久的な効果が見込める事にあります。少ない回数でも効果が出やすい点では早く処理をしたい人には向いているでしょう。